ティーバックで気軽に淹れるお茶も美味しいですが、やはり急須でいれたお茶は格別に美味しいですよね。しかし、急須でいれると茶葉が目詰まりしてしまい、洗うのが大変なのがネックです。そこで今回は、急須の茶こしを綺麗にする方法や、目詰まりしない急須の 急須をどうやって選んだらよいか分からない、おすすめの商品も参考までに知りたい。そんな悩みを持っている方に向けて、選び方のまとめ記事を書きました。実際に急須を売っている立場で、ご家庭での急須の使い方を想定した3ステップでまとめています。 急須の注ぎ口と茶こしの洗い方のまとめ 急須を洗う時に使いたいのは洗剤ではなくお塩か重曹。 注ぎ口は綿棒を湿らせて、その先に塩を塗りこんで注ぎ口部分をこそぎ落として綺麗にします。 1 お茶パックの口を広げて、緑茶ティースプーン2杯(4g)を入れる。 2 お茶パック上部の二重になっている部分を反対側にひっくり返す。 3 ふたがされた状態になったらできあがり。 4 急須にお茶パックを入れて、200mlのお湯を注ぐ。 茶こしはとくに難しい使い方などはありません。 お好みの茶葉を茶こしに入れて、セットするだけですぐにおいしい紅茶が楽しめます。 洗う時は基本的には他の食器や調理器具と同じように洗剤で洗えます。 おいしいお茶を淹れるためには、そのお茶にあった急須の選び方が大切ですが、急須の形状や大きさは様々です。 日本茶の急須にどのような種類があるかというと、大きく分けて4つのタイプがあります。 <急須のタイプ> ・横手型(よこてがた)急須 最近では不動の地位を築いている茶こしですが、やはりあった方が、細かい粒子や茶柱などがお茶混じらず、結果おいしいお茶を淹れる事が出来るのかもしれません。お客様に淹れてお出しする場合は、ちゃんと漉されたお茶の方が、やはり無礼が無いのかも知れません。個人的には、茶葉を捨てる際に、簡単に一回で処理できる合理性が求められる理由の一つなのかなと、家庭に入った今ではつくづく感じます。けれど、これはあくまでも個人的な感想なので、一般論では無いのかも知れません。ここ近年で、お客様にお出しする飲み物がコーヒーに取って代わられた気もしますが、日本人だと言うアイデンティティを忘れず、上手にお茶を淹れる心得は伝え続けて行かなければならないと感じます。おいしいと言って貰える様に、日本のお茶文化をもう一度見直す時が来ているのかも知れません。, そもそも茶こしが一般的に使用されてきたのは、ここ数年ではないかと感じます。というか、我が家の実家だけが今まで使用せずやり過ごしてきたのでしょうか。結婚をして所帯を持ち、主婦となっては普通に使用していますしが、OL時代は会社でまだ一般的にお茶くみがあった時代だったのですが、普通に茶こしは使っていたので、うちだけなのかもしれません。使い方に初歩的な事も何も必要ありません。基本、急須にあった使用の茶こしをセットして、その中にお茶の葉をダイレクトに入れて、お湯を注ぐと言った、至って簡単な使い方で、あるのとないのとでは左程お茶の味は左右されませんが、後片付けをして、急須を洗う時などに、その利便性が発揮される瞬間なのではないでしょうか。簡単に出がらしのお茶の葉が捨てられるのが非常に便利で、あるとやっぱり便利です。そう、所謂便利グッズのひとつです。, 利用方法は至ってシンプルで、誰でも簡単に使いこなすことが出来ます。急須に対してのサイズ感と、茶葉によって、網の目のきめ細かさなどが左右する事もあるでしょう。本当のお茶好きの方は、茶葉によって入れるお湯の温度を変えるなどと言う様に沢山の拘りがあり、それが伝統として継承されたりします。茶こしや急須に関しても、もしかしたらその様な通の拘りがあるのかも知れません。けれど一般家庭では、本当にごく普通の使い方です。お茶の葉を茶こしに入れ、お湯を注ぎ、お茶が抽出されるのを数分待ってから、お湯のみの数に対して並行に順々に入れて行くと言ったやり方です。その方が、お茶の味が均等になるからです。ヨーロッパの紅茶などでもそういう淹れ方をするので、そこは万国共有なのかもしれません。, 日本では、昔からお茶を飲む習慣があり、日本人の長寿の秘訣も、これらの習慣からきているのではないかとも考えられますが、このお茶を飲むということでも方法があり、お茶を食べて効果を出すということではなく、煎ずるということで摂取されてきました。これはその物自体から、エキスだけを取り出して、効果的に利用できるということで、優れた方法ですが、それらを利用するための道具として、茶こしが生まれたということになります。たぶん最初の頃は、お茶の葉などをそのまま食べていたのでしょうが、あまりおいしいものではありません。それで煮るということになり、その後乾かして保存食にして、エキスを取り出すということで、今に至るとなるのでしょうが、最後の工程では、葉っぱが邪魔になり、うまく飲めないとなります。それで茶こしのようなアイテムを考え出したということになります。, この茶こしの初歩的な基本的な使い方ということでは、急須などとセットで利用するということで、急須の中に、この茶こしが入っているという状態が一般的な利用方法ですが、そのほかの使い方もあります。例えば大量に作りたい場合には、大きな薬缶や鍋で作りますが、その時には急須と同じような大きな茶こしではなく、丸い形でチェーンがついている商品を利用すると、中に垂らしておくだけで、必要なお茶などを作ることができるということになります。そのような使い方もあります。また量が少ない場合、例えば一杯だけ飲みたいような場合には、直接茶こしが入るコップや茶碗にお茶を入れて飲めば、お茶っ葉などを無駄にしなくて済みます。そのようにいろいろな使い方ができるのがこれらのアイテムです。, 使い方は様々ですが、一番簡単なのは量を少なめに利用するのに使うという方法で。例えば、急須などで大量に作る場合には、冷めてしまったり、お茶が出すぎてしまい、まずくなったりします。飲みたい分量と作りたい分量が違ってしまうということですが、この時にはカップに合った茶こしを用意しておくと、お茶にしろ紅茶などにしろ、適量の飲み物を作ることができます。特に寒い時期では、急須などに入れておくと、すぐに冷めてしまい、またまずくなります。しかし、これらのアイテムを利用すると、必要なだけ飲むことができるので、非常に便利に利用できるということになります。またカップだけを温めておけば済むので、常に暖かいお茶なり紅茶なりを飲むことができるということになり便利です。, 茶こしを利用するメリットということでは、目に見えるということが大きいのではないかということですが、日本人の食事では、和食がそうであるように目で食べるという感覚があります。見て楽しんで、味で楽しんで、食事を食べるだけでは楽しまないという習慣です。感性ということかもしれませんが、茶こしを利用すると、急須やティポットを利用しなければ、そのままお茶のおいしさを見ながら、熱いうちに飲むことができます。これは最高のごちそうとも言えます。またお茶は香りが重要で、おいしいお茶は、香りも非常の良いということになりますが、茶こしだと、その香りもそのまま味わえるということになります。このように見て楽しむことや香りを楽しむということもできるので、非常にメリットがあるアイテムです。, 次に茶こしを利用する際に注意する事ですが、急須に対してのサイズ感と、茶葉によって、網の目のきめ細かさなどが左右する事もあるでしょう。最近では急須に最初からセットされている事が殆どですが、買い換えの時など、注意しなければなりません。形状も、ただ網で出来ているもの、ステンレスの筒型になっており、そこに穴が開いているものなど、茶こしと言っても意外にラインナップがあります。前者の昔ながらのものだと、全体が網で出来ているので、後片付けで洗う時に、ごしごしとやりすぎると、形が微妙に変形してしまい、急須に合わなくなったり、盛り上がったりして、お茶の葉が煮えた時にこんもりと盛り上がったりする支障が出てきたりします。力任せに洗わない様に気を付けなければなりません。. 急須は、お茶を入れるために作られた特別な道具で、これを使うことで美味しいお茶が入れられるのです。. 茶こしはとくに難しい使い方などはありません。 お好みの茶葉を茶こしに入れて、お湯を注ぐだけですぐにおいしいお茶が楽しめます。 Copyright© HACK Media Solution, Co., Ltd. 1.急須の使い始めは、洗って煮沸する. 茶こしは、急須と一体になっている陶製茶こしを採用。 急須の中で茶葉が十分に開き、風味豊かな味わいが楽しめます。 320mlと2~3人に適した容量で、使い勝手のよいサイズ感も魅力。 よし、急須を買ったぞ! ・・・と、買ったは良いものの、陶器のお皿などだと、最初にお湯か何かに漬けたりしていたが、急須は何かしないのかな? そう思って、この記事を読んで下さっている方が多いかもしれません。 お茶がまろやかになる陶器急須は、最もポピュラーなものです。伝統的な手法で作られた陶器急須を3つ紹介します。 九谷焼 陶器 急須ポット はねうさぎ 茶こし付き ak3-0584. 常滑焼組合さんが「急須のじょうずな使い方」としてピンクのシオリを入れてあるものが一部の急須に入っております。内容は「茶こしの汚れ、目詰まりは、急須の中にぬるま湯と食器用の漂白洗剤を少々入れ一晩置きますときれいになります。 ここからは急須の使い方についてです。 重要なのは持ち方と急須の返し方です。 返しはお茶の味を決めるのに重要な役割を果たすのでしっかり感覚をつかみましょう。 急須の持ち方. お茶パックの使い方. 急須・茶こしの洗い方 お茶を淹れおわったらすぐにお湯で洗い流します。 特に注ぎ口と茶こしの穴部分には茶葉の欠片などがたまりやすいといわれていますので念入りに。 お茶を美味しく入れるためには、『急須』が必要です。. まず鉄急須ですが、蓋を外してみてください。ほとんどにステンレスの茶漉しが付いています。そして急須本体の内部にはホーローが焼き付いています。少しテカリがありツルっとしています。 鉄急須は、茶漉しに茶葉を入れてお湯を注いでお茶を淹れる道具です。 ホーロー引きですので火にかけてはいけません。空焚きをしてしまうとホーローが割れてしまう可能性があります。 急須内部は、スポンジで洗うことができます。 外側はお湯で軽く洗って、良く拭いてください。 急須でお茶を入れると味わいが全然違い、美味しいです。急須を使用しない方もいますが、もったいないので是非試してみてください。今回は急須の選び方や人気のブランド、割れにくいものや洗いやすさなどの使いやすさにこだわったものなどを紹介しれていますので見てみてください。 急須を選ぶ際には、素材や使いやすさはもちろんのこと、急須のサイズや茶こしの種類にも目を向けたいものです。 急須の選び方①素材で選ぶ 急須の素材は一般的には陶器や磁器が多いものの、 耐熱ガラスや銅、鉄、銀、スズ、アルマイト、ポリカーボネート などもあります。 茶こし は、80メッシュ ... 内側がだんだんと茶色くなっていくから、時々漂白した方が見た目が綺麗な状態を維持できると思うよ。 さいごに. 急須の選び方 3つのポイント! 急須の選び方には3つのポイントがあります。それは「容量」「茶こし」「素材」です。この3つに注目することで自分好みの急須を見つけやすくなります。それでは一つずつ解説していきます。 急須の容量(サイズ) 深さがある茶こしなので、急須の中で茶葉が踊って香り豊かなお茶が入れられます 。 5.茶こしの正しい使い方、お手入れ方法. 急須の使い方ってご存知ですか?今は便利で美味しく飲めるので急須の正しい使い方を知っている人も少なくなってきているようですが、使い方や飲み方によって急須の種類を選ぶのも楽しいですよ!突然お茶を入れる場面、意外とありますね!今回使い方をマスターしてみましょう!, (使い方)後手と呼ばれるタイプです。急須のはじまりと言われ、中国、宜興製の「茶壺」が発祥とされています。ティーポットもこちらに含まれます。日本茶のみならず中国茶も合う急須です。, (使い方)こちらがみなさんのよく知っている急須の形ですね。横手とよばれるタイプで、片手で使うことができるので使いやすい仕様となっています。江戸後期頃に出来、「急須」と呼ばれるようになったのもこの頃からです。, (使い方)お湯をそのまま注いで使うようにこのように作られています。容量もあるのでほうじ茶や番茶用です。, (使い方)低温でいれるお茶のため持ち手のない急須のことです。玉露や上級煎茶、主に高級なお茶用です。旨みが凝縮されるようです。, 次に茶こし、つまり急須の中の網状のものの種類を紹介します。大きく陶製の茶こしとステンレス製の茶こしに分かれ、使い方・用途が違います。, 陶製の茶こしはお茶の風味そのままを味わうにはぴったりです。使い方の注意点としては、詰まりやすく、深蒸し茶などの細かい茶葉は茶碗に葉っぱが出てしまう場合があります。なるべく茶こしの穴の数が多い急須を選ぶといいですね。, 一方ステンレス製の茶こしは使い方によって色々な形のものが出ていますが、なんといっても使い勝手が良いことですね。頻繁に使う場合はこちらが便利かもしれないですね。, 急須・茶こしを選んだらいよいよお茶をいれてみましょう!茶葉によってこちらも入れ方が変わります。, ①お湯をを準備します。お湯は沸騰したらやかんの蓋をとり、カルキが抜けるまで煮沸します。そうすると味がまろやかになります!, ②ポットなどにお湯をうつし(そのまま使用しても良いがポットの方が温度管理がしやすい)、湯呑にうつします。玉露は50~60度、煎茶は80度くらいまで温度が下がるのを待ちます。, ②茶葉を入れます。(一人当たりティースプーンで、番茶・ほうじ茶は2杯、玄米茶は3杯くらい。), 玉露は思っていた以上に低温で入れるのですね。熱すぎると渋みが強くなってしまうそうです。また、基本は上のような入れ方ですが、自分の好みや茶葉の具合によっても入れ方は変わるようですね。, ②急須をお湯で流します。水よりお湯で流したほうが急須本体が温まり水切りがしやすくなるからです。, 使い方はシンプルですね。急須は茶渋などつきやすいイメージですが、使い方を正しく保つことで長く使うことができます。またその都度綺麗に保つことで美味しいお茶を入れることにもつながりますね。, 南部鉄瓶という伝統的な急須です。使い方はお湯をそのまま沸かすこともできる兼用のタイプとなっています。なんと言っても南部鉄瓶は鉄分が溶出するそうで、鉄分補給にも繋がるそうです!形は「和」でとても趣がありますよね。この模様は亀甲紋様は鉄瓶に厚みが増し保温性を高めるという昔の人の知恵があるようです。急須の使い方を考えられた作りになっているのですね。, 萬古焼の横手急須です。萬古焼とは耐熱性に優れたよく土鍋などにも使われるものだそうです。中の茶こしも陶製の茶こしなので、お茶の風味を崩さずに味わえますね。, 一日に何杯も飲む方やお茶を入れる頻度が高い方にはとても使い勝手が良いようです。美濃焼きの急須です。見た目も可愛らしくて形も現代的なので家に一つあってもいいかもしれません。使い方も簡単なのでお手入れもしやすいですね。, また、こちらのように和テイストでない後手急須もおしゃれですね。使い方も容量が多く、茶こしも陶器性のなので風味もそのまま味わえます。少し洋風なテイストの急須に日本茶を入れてみるというのも粋な使い方ですね。, こちらは横手の有田焼急須です。柄が素朴で可愛いですね。茶こしはなんと陶器性のものとステンレス製の両方が使えるようです。茶葉によって使い方を変えることができて便利ですね。, 可愛い水ヨーヨーのような、女性らしいデザインですね。常滑の土から作られていて鉄分を多く含む土のためお茶の渋みがとれて味がまろやかになるそうです。, 年々、急須に入れてお茶を飲む人が減ってきているようですが、使い方は意外とシンプルですよね。自分で好みの急須に茶こし・茶葉を選んだり、入れ方を変えてみたり、凝り始めると奥が深いです。, 普段はお茶をペットボトルやティーパックなど使い方が便利なもので入れてしまうかもしれませんが、旅先や正式な場などでお茶を入れる時ってありますよね!そんな時正しい入れ方や使い方を知っているとカッコイイですし自分もワンアップできますね!お茶本来の味を堪能できるのはやはり急須で入れたお茶だと思います。ぜひみなさんも試してみてくださいね!. 急須は片手で持ちます。 急須で入れたお茶を飲むと「ホッ」とした気持ちになる人も多いだろう。しかし、お茶を入れたあと、急須の中の茶葉をそのままにしてはいないだろうか。茶葉やお湯が残ったままの急須は、内側に汚れが付着してしまう。今回は、手軽にできる急須の手入れと掃除方法を紹介しよう。 基本、急須にあった使用の茶こしをセットして、その中にお茶の葉をダイレクトに入れて、お湯を注ぐと言った、至って簡単な使い方で、あるのとないのとでは左程お茶の味は左右されませんが、後片付けをして、急須を洗う時などに、その利便性が発揮される瞬間なのではないでしょうか。 急須の茶こしの作り方と注ぎ口の付け方. 日本製は使いやすい、人気の陶器急須. 急須やティーポットの選び方を知れば、お茶をもっと美味しく楽しめます!ちょうどいいサイズは?使いやすい素材や形状は?洗いやすいものは?そういった疑問を解決!湯呑みやマグカップとも合わせやすい、とってもかわいいデザインも取り扱っていますよ♪ 急須の使い方. 100均では急須も取り扱っているのはご存じでしたか?機能だけでなくデザイン性も優れた商品が並び、「必要なものはまず100均で探す」という方も多いですね。今回は100円均一の代表ともいえるダイソー・セリア・キャンドゥのカフェタイムに便利な急須・やかん茶こしをご紹介します。 急須の内側に茶こしを貼り付けるので茶葉を十分開かせる事ができます。 そのためお茶のエキスが全て溶け出すので美味しくお茶を飲めます。 お茶の種類で茶こし目(帯網)を交換できるのでお茶別に急須を揃える必要がありません。 急須で淹れるお茶はペットボトルのお茶に比べると、含まれているカテキンの量が約2.5倍だと言われていますよ。 急須の種類・使い方 横手 伝統的な日本の急須の形 この間に、乾燥した茶葉が湯に浸って広がり、閉じ込められていたお茶の香りや味がにじみ出ます。. 実は、 急須は最初、熱湯で煮沸した方が良い です。 陶器急須の表面は、触ってみるとざらざら感がありますよね。 これは、急須の素材には小さな穴がたくさんあるからで、それゆえに匂いや成分が吸収されやすい性質を持っています。 今回ご紹介するのは、こちらの取っ手のない変わった形の急須。元々、玉露などの高級なお茶を楽しむために使われていた「絞り出し」方式の急須で、茶こしを使わないめずらしいタイプです。 使い方はと … 淹れたてのお茶を飲むのに欠かせない、急須。定番の常滑焼のほか、取っ手や茶こしがユニークなおしゃれな商品も多く、昔ながらの道具のようで、日々アップデートされているアイテムです。最近では、割れにくい樹脂製や耐熱ガラス製のハリオの急須なども人気を集めています。 キッチンペーパーを使って茶こしの代わりにすることもできます。 方法は2つあり、1つはコーヒーを作る時のように急須の上にキッチンペーパーを敷き、上にお茶の葉を置いてお湯をゆっくり … 00.急須の使い始めに行うべき事とは. 急須の使い方は、まず急須に茶葉とお湯を入れて適度な時間待ちます。. 4.茶こしの正しい使い方、洗い方. 急須に茶漉しがついてない時、手持ち用茶漉しを使いますが、正しい使い方を教えて下さい。まず、湯飲みをあたため、手持ち用茶漉しにお茶葉を入れ・・・、といった具合だとは思いますが・・・。 - 食器・キッチン用品 解決済 | 教えて!goo 急須本体にカットした注ぎ口を当てながら、バランスを見ましょう。 注ぎ口の幅がわかるように、本体に線をつけています。 ポンスで穴あけ。ポンスを回転させながらやると、スムーズに穴あけができます。 急須の使い方ってご存知ですか?今は便利で美味しく飲めるので急須の正しい使い方を知っている人も少なくなってきているようですが、使い方や飲み方によって急須の種類を選ぶのも楽しいですよ!突然お茶を入れる場面、意外とありますね!今回使い方をマスターしてみましょう!