プレミアリーグ第15節、アーセナルとチェルシーによるビッグロンドン・ダービーが日本時間26日26:30にエミレーツ・スタジアムでキックオフされる。2020年のプレミアリーグを締めくくる最後のビッグマッチだ。 ●Episode 10 ノッティンガムのホテルの一室で話し合われたこと 清武弘嗣がロンドン五輪スペイン戦、 戦う前に「絶対勝てる」と思った訳。 posted 2020/06/01 11:35 ●Episode 4 キャプテン山村和也という存在 【ロンドンの残光】ロンドン五輪サッカー日本代表の真実「Episode 13 スペインの新聞は日本の勝利をどのように報じたのか」 大津の1点を守りきり、スペインから大金星=サッカーU-23日本代表(スポーツナビ)-Yahoo!ニュースサッカーU-23日本代表は、英国のグラスゴーでロンドン五輪1次リーグの第1戦となるU-23スペイン代表戦に臨み、前半34分の大津祐樹のゴールを最後まで守りきり1-0と勝利しています。 ロンドンオリンピック 2012.7.27 予選リーグ 前半34分 【U−23日本】大津から右サイドを走る東と渡ってクロスを上げるが、DFにブロックされて右CKに。 ミリャ監督は「日本のサッカーはとても速く、選手たちは流動的に動く」と印象を話し「日本はとてもいいコンディションだし、スペインに対して非常に高いモチベーションで挑んでくると思う。 とても難しい試合になると思う」と話した。 ロンドン五輪サッカー 日本 vs スペイン 日本1-0勝利http://japan.ilovenakama.com/youtube/ 2012年のロンドン五輪では、アジア勢の躍進が世界を驚かせた。44年ぶりの表彰台まであと一歩に迫った日本と、オリンピックサッカー初のメダルを手にした韓国だ。日本はアグレッシブな攻撃陣を擁してカウンターサッカーを展開し、準々決勝までは無失点と堅守も光る戦いぶりを見せた。 ロンドンオリンピックサッカー男子日本代表 予選グループリーグの結果 ロンドン・オリンピック男子サッカー グループリーグの初戦で強豪"無敵艦隊"スペインを破り、そのまま勢いに乗りたいサッカー日本代表の大切な第2戦、対モロッコ戦が29日に行われました。 大津の1点を守りきり、スペインから大金星=サッカーU-23日本代表(スポーツナビ)-Yahoo!ニュースサッカーU-23日本代表は、英国のグラスゴーでロンドン五輪1次リーグの第1戦となるU-23スペイン代表戦に臨み、前半34分の大津祐樹のゴールを最後まで守りきり1-0と勝利しています。 男子グレートブリテン代表はマンチェスター(7月26日)、ロンドン(7月29日)、カーディフ(8月1日)で、女子グレートブリテン代表はカーディフ(7月25および28日)、ロンドン(7月31日)で試合を … ロンドン五輪男子サッカー日本代表は、予選リーグD組でスペインモロッコ・ホンジュラスと対戦しますが、2勝1敗の2位通過だと準々決勝でC組1位チーム(恐らくブラジル)と対戦します。ベスト8が現実的 … とうとうロンドン五輪が開催となりますが、みなさんチェックしてますか? 先行してサッカー予選、女子のカナダ白星に引き続き、男子のスペイン白星はすごかったですね~。 ロンドン五輪サッカーは26日、男子1次リーグD組が行われ、日本は優勝候補スペインに1-0で勝利した。 世界が驚いた日本の勝利に、中国メディアからは「戦艦大和が無敵艦隊を沈没させた」、「日本がスペインを蹴り飛ばした」などと称賛する報道が相次いだ。 [ロンドン五輪] サッカースペイン代表のメンバーを考える | albatrus.com オーバーエイジを含めて基本はU-21EURO2011の優勝メンバーがほぼそのまま選ばれています。 サプライズはEURO2012で左サイドのレギュラーであったジョルディ・アラバが選ばれたことですね。 2012年ロンドンオリンピックのサッカー競技・男子は、ロンドンのほか5都市で開会式前の7月26日から8月11日まで行なわれた。 開催国のイギリスと各大陸予選を通過した23歳以下の代表15チーム、合わせて16チームが争う。 2020年は東京オリンピックが控えていますが、サッカー日本代表の過去6大会の成績・メンバーはどうだったでしょうか。今回は2016リオオリンピック、2012ロンドンオリンピックについて振り返っていきます。 ●Episode 11 吉田麻也がチームの中で真のリーダーとなった瞬間 今回は、ロンドン五輪で優勝候補である「スペイン代表」についてのメンバーを考えていきたいです。 2008euro、南アフリカw杯制覇と今や黄金期を迎えているスペインサッカー。これは代表レベルだけでなく、cl(チャンピオンズリーグ)やel(ヨーロッパリーグ)の上位もリーガエスパ … ロンドン五輪 日本対スペイン イギリスの生活・文化の魅力を探る 今回もeuroへgo! <ロンドン五輪・サッカー:日本1-0スペイン> 26日(日本時間27日) 男子1次リーグD組 グラスゴー. ●Episode 6 メンバーに選ばれた永井謙佑の重責 日本五輪男子代表が前半の大津のゴールでスペインを1-0で下す、大金星を挙げた。 「お前がボールを追っていたので、相手もなかなか自由にボールをもてなくて苦しんでいたな」。, 「負ける気がしない」と選手たちが言っていたように、前半34分の大津のゴールを最後まで守りきり1対0で日本が初戦を勝利で飾った。五輪代表は、勝利のために向かってくるスペインを、確かに玉砕した。, 日本の選手たちにとっては、当たり前の結果であっても、スペインにとっては驚くべき結果だったに違いない。翌日の27日のスペインの各新聞の紙面には、次のようなコメントが綴られる。マルカ紙は「最悪のイメージで五輪デビュー、日本はスペインを凌駕していた」と伝えた。また、同紙の名物記者エンリケ・オルテゴはコラムの中で、「日本はフィジカル、テクニック、戦術で良かった。スペインはノーアイデア、先が見えない、最悪な試合だった」と書く。, さらに、アス紙は「スペイン、日本の前に窒息」というタイトルを紙面に打って、「疲れを知らない日本が、曇ったスペインを大混乱に陥れた」と文を続けた。そして、ムンド・デポルティーボ紙は「日本はスペインにレッスンを行なった」して、「永井と東はまるで『キャプテン翼』のように、いつもスペインDFがボールを触る前にプレーしていた」と報じ、「試合で見せた日本のテクニックの高さとスピードは認めざるを得ない」と記事を締めくくった。, スペインで最大手の一般紙「エル・パイス」が記す文章が、多くのスペイン人が思っていたことであろうし、ある種の代弁にもなっている。「歴史は驚きに満ちている。特に、このような恥ずかしい出来事は歴史に残る。スペインにとって悲惨な出来事だった。なぜなら、日本のような格下相手に負けたからだ」。, 多くの人たちは、「エル・パイス」紙の見解に同意するのだろうが、ピッチに立っていた選手たちだけは、微塵にも負けるなんて考えてもいなかった。それは、戦術の確立による意思統一がはっきりと持たれていたからだ。, スペインからの勝利は、「奇跡の勝利」や「偶発的な勝利」ではなく、試合前からきちんと準備をして積み重ねた「確信をもった勝利」だったのだ。, 初戦を勝ったU-23日本代表は、29日、ニューカッスルでロンドン五輪1次リーグの第2戦となるU-23モロッコ代表戦に臨む。永井のゴールで1対0と勝利する。「右足のアウトサイドで決めた時は、キヨ(清武)もスペースを空けてくれたから、一瞬の動きができていたので、ゴールに流し込むだけでした」と得点を決めた永井が話す。2連勝したことで、3大会ぶりのベスト8進出を早くも決めた。試合後の会見で関塚は「90分間粘り強い守備を見せてくれた」と勝因を語る。, 続くロンドン五輪1次リーグの第3戦は、8月1日、U-23日本代表はコベントリーでU-23ホンジュラス代表戦に臨む。先発メンバーを大幅に入れ替えた試合は、0対0の引き分けで終える。この結果、日本は1次リーグの首位通過が決まる。そして、準々決勝でエジプトと対戦することとなった。, 試合後、関塚は「どれくらいできるのかを見たかった」と、モロッコ戦から先発メンバーを5人入れ替えた理由についてコメントした。また、今大会初のスタメン出場を果たした山村は「チーム一丸となって戦っていきたい」と決勝トーナメントへの意気込みを語る。, 8月4日、U-23日本代表はマンチェスターでロンドン五輪準々決勝、U-23エジプト代表戦に臨む。, エジプト戦も、それまでのミーティングと同様に相手選手の細かい特長が報告された。「両サイドのWGの利き足がポイントになる。右サイドは左利きで、逆に左サイドの選手は右利きだ。一方のどちらかのサイドの選手が中に入ったときには、逆サイドの選手はスペースにフリーランニングをする。その際にどうやってケアすればいいのか、これから話そう」。, あるいは、「5番のアブドレイ、あの選手はポジションがあってないようなものだから、そこを誰がどうケアするのか」と言って、関塚は具体的に選手たちに指示してきた。その後で、選手たちでより細かくポジショニングの確認作業をする。ここでも、エジプト対策の準備は万全だった。, 【BACK NUMBER】 ロンドン五輪男子サッカースペイン代表メンバーが決定 の詳細 日本選手の応援観戦. 日本選手の応援や観戦に行きたいあなたの為の情報サイト。チケットや日程、会場、人気・美人選手や見所満載です。 こんなひどいスペインの試合は何十年とない!」などと 言われている様子です。 まあ、スペインからしたらそうでしょうね^^; ロンドン五輪男子サッカー1次リーグの各試合結果 ・ホンジュラス vs モロッコ(D組) 2-2(引き分け) ロンドン五輪サッカー 日本xスペイン【ダイジェスト動画】 お気に入り動画 2012/07/28 02:27 4 0 驚きました・・・戦前、この結果を予想してた方どれほどおられたでしょうか? ●Episode 2 攻撃側の選手と守備側の選手の乖離 【ロンドン共同】ロンドン五輪のサッカー男女の組み合わせ抽選が24日、ロンドンのウェンブリー競技場で行われ、初の五輪金メダル獲得を目指す女子の日本代表「なでしこジャパン」はカナダ、スウェーデン、南アフリカと同じ1次リーグF組となった。 2012年に行われたロンドン・オリンピックでu-23メキシコ代表として金メダルを獲得したh・エレーラ。当時は母国のパチューカに在籍していたが、その後、2013年6月にポルトへ移籍してステップアップし … J2千葉が来季新戦力として、札幌から湘南に期限付き移籍している東京五輪世代FW岩崎悠人(22)を獲得することが分かった。 オリンピック出場がサッカー人生に与えた影響第3回:2012年ロンドン五輪・永井謙佑(後編)前編はこちら>> 2012年ロンドン五輪の男子サッカー。 ●Episode 1 不協和音はロッカールームから始まった, 米子北|“あの敗戦”を糧に…原点回帰で優勝を狙う鳥取の絶対王者【選手権出場校紹介】, メッシが現地のインタビューに登場、クラブの現在や自身の去就を語る「僕の将来のことは…」, 近江|初出場の新興勢力…夢舞台で試されるのは「逆境を跳ね返す力」【選手権出場校紹介】, J1・3位の名古屋、ACLグループステージからの参戦が決定! 4位C大阪がプレーオフへ, ネイマール、FIFA/FIFProの年間ベスト11に納得いかず「PSGは別のスポーツを…」, 大分MF田中達也が浦和へ完全移籍「憧れの田中達也選手のようにタイトルを獲得したい」, Jクラブもサポート!クリエイティブスキルが学べる 「CREATIVE GYM」が1月開講クラスの申込受付中!, リーグアン ウーバーイーツ後半戦を見逃すな!…フランス国際放送TV5MONDEで毎節生中継, ●Episode 12 Episode 12 メキシコとの練習試合で見えた日本の戦い方. オリンピック出場がサッカー人生に与えた影響第3回:2012年ロンドン五輪・永井謙佑(後編)前編はこちら>> 2012年ロンドン五輪の男子サッカー。 ●Episode 7 「まず、縦を切れ!」と選手に伝えた監督の守備戦術 ●Episode 9 スペインとの戦いを1週間後に控えて ●Episode 8 吉田麻也の冷静な指摘 2012年のロンドン五輪では、アジア勢の躍進が世界を驚かせた。44年ぶりの表彰台まであと一歩に迫った日本と、オリンピックサッカー初のメダルを手にした韓国だ。日本はアグレッシブな攻撃陣を擁してカウンターサッカーを展開し、準々決勝までは無失点と堅守も光る戦いぶりを見せた。, オリンピックにおけるサッカー男子日本代表の歴代最高成績は、1964年メキシコ五輪の銅メダルだ。その偉業に次ぐ結果を収めたのが、2012年のロンドン五輪だった。44年ぶりのメダルにはあとわずかで手が届かなかったものの、日本の快進撃は国内のサッカーファンのみならず、世界のサッカー関係者を驚かすのに十分なものだった。, グループリーグ第1戦で優勝候補の本命と目されていたスペインを、大津祐樹が挙げた得点を守りきって1−0で撃破すると、第2戦のモロッコ戦も1−0のスコアで接戦を制した。第3戦はホンジュラスと0−0で引き分け、無失点のまま2勝1分の負けなしという手堅さでグループDを首位通過した。, 決勝トーナメントに入ると、エジプトとの準々決勝で攻撃陣が爆発。永井謙佑、吉田麻也、さらに大津の得点で3−0の快勝を収め、ベスト8進出を果たす。史上初の決勝進出をかけた準決勝では、メキシコと激突した。日本は立ち上がり12分に大津のミドルシュートで幸先よく先制したものの、31分に今大会初の失点を喫してしまう。すると、その後は守備が崩れ、結局1−3で完敗。3位決定戦に回ることとなった。, メダルを争う相手はアジアのライバル韓国だった。メキシコ戦の敗戦から中2日。メンタル面への影響に加え、約2週間で6試合目という過密日程の影響も大きかった。オリンピック初の表彰台入りをめざす韓国の勢いにのまれる格好となってしまった日本は、38分に先制を許す。反撃を試みるも、57分にも追加点を喫し、0−2で元Jリーガーの洪明甫(ホン・ミョンボ)監督が率いる韓国に屈して、悔し涙をこぼす結果に終わった。, 関塚隆監督が率いたロンドン五輪日本代表には、6人の海外組がいた。吉田麻也(VVVフェンロ/オランダ)、酒井宏樹(ハノーファー/ドイツ)、酒井高徳(シュツットガルト/ドイツ)、清武弘嗣(ニュルンベルク/ドイツ)、宇佐美貴史(ホッフェンハイム/ドイツ)、大津祐樹(ボルシアMG/ドイツ)だ。オーバーエイジ枠は吉田と徳永悠平(FC東京)の2名で、チーム最年少は当時19歳の杉本健勇(東京ヴェルディ)だった。, 関塚ジャパンは、前線からのハイプレッシャーを武器とし、カウンターサッカーを極めた。特にグループリーグ第1戦のスペイン戦では、技術やポゼッション力で上回る相手に対して、激しいプレッシングからボールを奪い、カウンターに持ち込む形が奏功した。関塚監督は、攻守に連動した躍動感のあるサッカーを「日本らしさ」と表現し、オリンピックという大きな国際大会で日本が強豪国相手にカウンターサッカーを用いることが有効であることを示してみせた。, カウンターサッカーを支えていたのは、大津、永井、清武、東慶悟といったアグレッシブさが持ち味の攻撃陣だ。彼らのスピードと90分間ハードワークを続ける献身性があってこそ、成り立っていた戦術だった。なかでも永井は今大会での活躍により注目度を上げ、2013年1月にベルギーのスタンダール・リエージュへの移籍を果たしている。また、守備ではオーバーエイジ枠の吉田が豊富な経験を生かし、リーダーシップを発揮。準決勝の前まで無失点を貫いた堅守を支えていた。, 日本、韓国とアジア勢を準決勝で敗退に追いやり、金メダルへの挑戦権を手にしたのは、メキシコとブラジルの2チームだ。決勝戦では、開始30秒ほどでメキシコが先制し、70分すぎにも追加点をマークする。終了間際にブラジルが1点を返したものの、このままタイムアップを迎え、メキシコが初のオリンピック金メダルを獲得した。, 今大会におけるメキシコは、唯一の海外組であったジョバニ・ドス・サントス(当時トッテナム/イングランド)を中心とした圧倒的な攻撃力が目を引いたが、それ以上に守備面でのタフさが際立ったチームであった。日本もブラジルも、ブロックを敷いて連動して守り、球際に厳しいメキシコの守備に手を焼いた。また、日本戦とブラジル戦で得点を挙げたオリベ・ペラルタのように、高い決定力を備えたストライカーを擁したことも、堅守をベースとしながら勝利を重ねることができた要因の一つだ。, 銀メダルに終わったブラジルは、ネイマール、オスカル、アレシャンドレ・パト、ガンソといった世代屈指のタレントをそろえるだけでなく、オーバーエイジ枠でチアゴ・シウバ、マルセロといった強力な守備陣を整え、金メダルへの本気度を示していた。それでも悲願には一歩届かなかったが、ここは過密日程による厳しい戦いを制したメキシコを称えるべきだろう。なお、2019年シーズンにJリーグの川崎フロンターレに加入したレアンドロ・ダミアンは、このロンドン五輪で計6ゴールを挙げ、得点王に輝いている。, 韓国のベスト4進出も世界にとってはサプライズの一つだった。日本と同様に大会を通して堅守が光り、自国初のオリンピックメダル獲得で大会をあとにした。, TM © Olympic Channel Services S.L. ロンドン五輪は開会式前日の26日、既に試合が始まっているサッカーで、女子に続いて男子もスタートした。 同日は各地で1次リーグ8試合が行われ、D組の日本はグラスゴーで優勝候補のスペインと対戦、1―0で勝って白星発進した。 euro2008 ... サッカーの根付く地のスタジアムの代表。駅から高台のスタジアムまでそしてメインから見下ろす圧巻の眺め。 清武弘嗣がロンドン五輪スペイン戦、 戦う前に「絶対勝てる」と思った訳。 posted 2020/06/01 11:35 スコットランドのグラスゴー・ハムデンパークのスタジアムは、試合終了と同時に、観衆が「オオー」という歓声をあげる。興奮した観衆の大歓声は、張りつめたスタジアムの空気を一変させた。彼らは、拍手をしながらスタンディングオベーションでスペイン五輪代表を1対0で打ち負かした日本五輪代表の奮闘を讃えた。, 権田修一は、風に乗って主審の吹いたホイッスルの音が自分の頬をかすめて、耳に届いた気がした。本来なら大歓声によってさえぎられるホイッスルの音が、権田にははっきりと聴こえてきたように思える。それは、本当に聴こえたのかもしれない。なぜなら、この日の権田は、どんな些細な出来事でも、試合中は見逃してはならない、と細心の注意を払ってものすごく集中できていたから、試合終了を告げる主審のホイッスルの音が聴こえてきても不思議ではない。, 権田は、あごを上げて視線をコーナーフラッグに向ける。スペイン陣内深く攻め込んだ日本は、清武が左コーナーでボールをキープする。4分というアディショナルタイムが終わりを告げようとしていた。スペインはアドリアンとロメウが2人がかりで清武をサンドイッチにしてボールを奪おうと圧力をかける。アドリアンの右足が清武の右踵を踏みつける。清武は、横転して痛さをアピールする。日本は、コーナーフラッグの前でファールを与えられた。その時、時計の針は、予告されたアディショナルタイムの4分を過ぎていた。, 権田には、その4分が短く感じられた。いつもの試合なら、4分もあるアディショナルタイムはゴールマウスを守っている彼にとって長い時間に思える。しかし、この日の4分間は、「早く終わってくれ」という願いよりも、「これで勝ったな」という冷静さが先にきた。 2012年ロンドンオリンピックでのサッカーの日本代表選手団を一覧で紹介します。日本オリンピック委員会(joc)公式サイト ロンドン五輪 男子サッカー 1次リーグ第1戦U-23スペイン vs U-23日本一夜明けた昨日の朝、一生懸命書いた記事を消してしまい、新たに今日書きます。と、…  痛さをこらえて立ち上がった清武が、ボールをもらいに近づいてきた永井にパスすると、主審が右手を挙げて試合終了の笛を吹いた。両手の拳を握り締めてガッツポーズをした清武は、東とハイタッチをしてから斉藤学や永井と抱き合って勝利を喜ぶ。, 関塚が永井に近づいてきて言葉をかける。 ロンドン五輪 男子サッカー1次リーグd組 男子サッカー日本代表vs男子サッカースペイン代表 1-0 この試合のスタメン 永井謙佑 大津祐樹 東慶悟 清武弘嗣 扇原貴宏 山口螢 徳永悠平 吉田麻也 鈴木大輔 酒井宏樹 権田修一 得点 大津祐樹(前半34分) u-23日本代表がロンドン五輪初戦に挑む。 グループステージ初戦の対戦相手は金メダル候補のU-23スペイン代表だ。 U-23日本代表は2-1で勝利し自信を掴んだ最終強化試合のU-23メキシコ代表との一戦のスタメンから、1選手を変更。 ベスト4に進出した日本代表の記録Record of Japan national team who advanced to the best 4 日本五輪男子代表が前半の大津のゴールでスペインを1-0で下す、大金星を挙げた。 2020 - 全著作権所有. ●Episode 3 チームの雰囲気を一変させた選手だけのミーティング <ロンドン五輪・サッカー:日本1-0スペイン> 26日(日本時間27日) 男子1次リーグD組 グラスゴー. ロンドン五輪2012:スペイン代表vsモロッコ代表 次はエジプトと対戦ということで、勝ってトゥーロン国際の時のリベンジを果たして欲しいですね。 一方のスペインは「未勝利かつ無得点」という開幕前には予想ができないような結果で大会を去ることとなりました。 アーティスティックスイミングのスペイン代表、ロンドン五輪の銀メダリスト、オナ・カルボネルが、スペイン代表の衣装を手掛けるデザイナーと水着の変遷をひも解く。 ●Episode 12 Episode 12 メキシコとの練習試合で見えた日本の戦い方 ロンドン五輪は開会式前日の26日、既に試合が始まっているサッカーで、女子に続いて男子もスタートした。 同日は各地で1次リーグ8試合が行われ、D組の日本はグラスゴーで優勝候補のスペインと対戦、1―0で勝って白星発進した。 (CNN) ロンドン五輪のサッカー男子は26日、1次リーグが始まった。日本代表は同日、グラスゴーのハムデンパークで優勝候補のスペインと対戦し、1対0で勝利を飾った。スペインにとっては五輪の歴史に残る黒星となった。 ●Episode 5 最終選考メンバー発表の明暗 ロンドンオリンピックサッカー男子日本代表 予選グループリーグの結果 ロンドン・オリンピック男子サッカー グループリーグの初戦で強豪"無敵艦隊"スペインを破り、そのまま勢いに乗りたいサッカー日本代表の大切な第2戦、対モロッコ戦が29日に行われました。