〒100-0011 東京都千代田区内幸町2-2-3 日比谷国際ビル6F アクセスマップ 電話:(03)3595-2984 / Fax:(03)3591-4816 % マレーシア フィリピン インドネシア ベトナム インド 予測 2- 2 都道府県別人口と人口増減率(エクセル:16kb). 28 表-2 1950~2050年における年平均人口増加率の推移(%) 年次 東アジア 東南アジア 中国 香港 マカオ 北朝鮮 日本 モンゴル 韓国 台湾 ブルネイカンボジア東ティモールインドネシア ラオス マレーシアミャンマーフィリピンシンガポール 1950-55 1.87 4.64 -0.97 -0.89 … 具体的には、本研究のほうが、サハラ砂漠以南のアフリカ諸国で7億200万人、南アジアで5億8400万人、東南アジア・東アジア・オセアニアで4億4700万人、他の研究より少ない予測だ。 xref ところで、国立社会保障・人口問題研究所の予測によれば、2010年以降10年ごと 2050年までの65歳以上の人口割合は、以下のとおりとなっている。 表1.1.2 65歳以上の人口割合の年次推移(予測) 65歳以上 予測式 年次 人口の割合 y = ax + b 0000002633 00000 n 0000079771 00000 n ・人口動態が経済に与える影響を明示する。100年におよぶ超長期予測のベースとなる変数は人口であることにもとづく。 ・世界の中には人口増加に伴って一人当たりgdpが低下するという「マルサスのわな」に陥っている国もあることを明らかにする。 人口はその国の国力を示す指標の一つであり、その現状や今後の推移を見極める上で、欠かせない値に違いない。そこで今回は国連の公開データを元に、アジア地域の人口面で注目すべき国として中国・インド・インドネシアの3か国にスポットライトを当て、西暦2100年までの人口推 2010年から2060年までをみると、高齢人口は約516万人増加(後期高齢人口は約917万人増加するのに対し、前期高齢人口は約401万人減 少)する一方、生産年齢人口は約3,756万人、年少人口は約893万人減少する見通し。 人口の推移と将来推計(年齢層別) 0000002768 00000 n 図表02の09 東アジア諸国の人口ボーナスの期間 16: 図表02の10 全人口にしめる65歳以上の人口の比率、1970-2040年 17: 図表02の11 アジアの家族構造とその属性 18: 図表02の12 世界の地域別都市化率の推移、1960-2040年 283 0 obj <>stream 0000001815 00000 n 1980年から2050年までのアジア人口推移、若年層比率・都市人口比率の推移をまとめ、グラフ化しました。ここでの対象国は、日本や中国を含む東アジア、タイやベトナム等の東南アジア、インドやバングラデッシュ等の南アジア、ロシア(北アジア)を対象としております。中央アジアや西アジア(中東)は対象外としております。, ※各グラフは国連人口部または世界銀行の5年毎の数値をグラフ化 アジアには、人口13億人の中国、12億人のインドといった人口大国が存在し、アジア全体で世界人口の約5割を占めている(第2-3-1-1図)。 ... 第2-3-1-5図 アジア各国・地域の個人消費額の実績と予測 ... 第2-3-1-7図 アジアの中間層の推移. アフリカやアジアなど出生率の高い発展途上国での増加が著しく、100億人突破は2062年と予測されている。 国別では、 インド の人口が2028年に14億5434万人に達し、 中国 を抜いて1位となる。 今回は東南アジアのシンガポール、インドネシア、タイなどASEANに加盟してるの10カ国の人口数をGoogleのPublic Dataを使って調べていきます。 Wikipediaではバングラディシュがランクインされていましたが、ASEANに加盟していないので今回はランキングから除いています。 メキシコの人口推移(過 … 2- 3 都市別人口(エクセル:47kb). 2030けて、世界年にか の人口は、アジアやアフリカ地域を中心に、11.5億人程度増加することが見込まれている。 37.1 43.9 %PDF-1.6 %���� 1,200.  (Population estimates and projections), 他の国々を大きく引き離しています。3~5位のインドネシア、パキスタン、バングラデッシュは、2億人前後であり、今後も順調に人口が増加する予測です。6~7位のロシアと日本は人口が緩やかに減少し、両国とも, フィリピンの人口が追い抜く可能性があります。多くのアジア各国は人口増加が続く予測ですが、順位が大きく変動することは無い見込みです。, サブプライムローン破綻を予測して巨万の富を手にした ジョン・ポールソン氏 名言、経歴、講演動画, 巨大な投資ファンドであるブラックストーンの設立者 スティーブン・シュワルツマン氏 名言、経歴、講演動画. 23 Ɩ��|�vN�g���+�v���S���c��Ӌ��LD'�r�Ku����ތAo�5K�1�i&$ܴv��k���@��@G?�z9G�0f\1s�_��@ʄ3�ǜ�-���ø��K-�8p9�#�z. 0000079471 00000 n 0000001573 00000 n 267 17 (Q�Y_��"�ۇ��!�f��z��Y�o�q4f:m��=�?O_�f�^8d���$+����lR��_o*K��j. (参考記事: 人口と食を考えるシリーズ企画「90億人の食」 ). 0000005048 00000 n 人口の増減に最も大きく影響するのが、出生率です。 出生率は一定人口に対する年間の出生数で測られる指標。そのなかでも、ニュースなどでよく取り上げられるのが、合計特殊出生率です。この指標は、一人の女性が生涯に何人の子供を持つか、を計測しています。計測方法として、一人の女性が出産可能である期間とされる15歳から49歳までに産む子供の数の平均を示しています。 合計特殊出生率を算出することで、異なる母 … た、アジアでは南アジアが14.4%、東南アジアが11.5%となっている。 (2)肥満人口の推移 栄養不足人口の増加が問題となる一方で、肥満の問題も並存しており、その要因には、食生活 80歳以上の人口も、2019年の1億4,300万人から2050年には4億2,600万人へと、3倍に増えることが予測されます。 8. 2- 4 年齢各歳別人口(エクセル:15kb). 0000001737 00000 n アジアの人口推移 人口首位は中国・インドになり、人口は 10億人以上と、 他の国々を大きく引き離しています。 3~5位のインドネシア、パキスタン、バングラデッシュは、2億人前後であり、今後も順調に人口が増加する予測です。 trailer <]>> https://population.un.org/wpp/Download/Standard/Population/, ・世界銀行 データバンク  現在の世界人口が約73億人なのに対し、2050年までに97億人に増えると予測、昨年の予測を約1億5000万人上回る数字だ。. アジア各国の人口の推移と予測アジア各国の人口の推移と予測 0 2 4 6 8 10 12 14 16 18 1950 1955 1960 1965 1970 1975 1980 1985 1990 1995 2000 2005 2010 2015 2020 2025 2030 2035 2040 2045 2050 中国 インド インドネシア フィリピン タイ マレイシア 韓国 シンガポール 日本 (億人) (年) アジアの人口推移 1950年~2010年, 人口推移予測 2011年~2100年 Source: 国連 World Population Prospects: The 2012 Revision 万人増加するのに対し、生産年齢人口は約3,500万人、若年人口は約 900万人減少。その結果、高齢化率は約20%から約40%に上昇。 我が国における総人口の推移(年齢3区分別) 出典:「国土の長期展望」中間とりまとめ 概要(平成. startxref さらに2100年には、112億人が地球上にひしめくことになるという。. 0000001347 00000 n 未婚化・晩婚化の進展がより強く少子化に影響しているという側面もある。 女性は胎生期に最大の卵子を持ち、以降減少していく。このため女性の妊娠しやすさ(妊孕性)は、おおよそ32歳位までは緩徐に下降し、卵子数の減少と同じくして37歳を過ぎると急激に下降していく。 0000001210 00000 n モロッコの人口推移 1950年~2010年, 人口推移予測 2011年~2100年 Source: 国連 World Population Prospects: The 2012 Revision; 世界の国・地域の人口推移及び2100年までの人口推移予測一覧; 人口統計 … グラフをみると黄色のアジアも多いように見えますが、2015年時点人口は44億人、2100年時点は49億人とそれほど変わりません。2 2050年時点では53億人と予測されているので、 21世紀後半にはアジアの人口は既に減少局面 を迎えると予測されているのです。 0000000653 00000 n 生産年齢人口の割合低下が社会保障制度に圧力. 0000001432 00000 n 0 アジア・アフリカが8割、世界が高齢化社会に. 0000000016 00000 n 0000002428 00000 n 2- 5 年齢5歳階級別人口(エクセル:16kb). ��5R� メキシコの人口推移(過去~現在~未来)をグラフ、一覧表を用い、前年増減比や増減率も付与して分かりやすくお伝えしています。メキシコの人口が一番多かった年や、メキシコ人口の将来の予測データのcsv出力・ダウンロードも可能です。(EXCELでも使用可能) 0000001700 00000 n 'TF�8JH\�1���l=�~������'��������#^%@�>�OF ��Geh(���o 畄��mG�����ά%lȽ�O�1N��0�. 0000002974 00000 n ここから本文です。 第2章 人口・世帯 2- 1 人口の推移と将来人口(エクセル:22kb). 各機関が予測した2050年の 日本 の順位は、4位〜8位の間にある。21世紀政策研究所とhsbcの予測では4位にとどまるものの、シティグループとゴールドマン・サックスは8位に後退するとしている。 また日本以外では、 中国 がどの予測でも世界1位となっている。 0000007742 00000 n 267 0 obj <> endobj 2019年から2050年にかけて、人口増加率が低下するとみられる地域としては、オーストラリアとニュージーランドを除くオセアニア(56%)、北アフリカと西アジア(46%)、オーストラリアとニュージーランド(28%)、中央・南アジア(25%)、ラテンアメリカ・カリブ(18%)東・東南アジア(3%)、欧州・北米(2%)が挙げられます。 総人口は多くの国で減少へ アジアの総人口 1,800 (100万人) インド 2050年 16億1,380万人 160 (100万人) 日本(ピク) フィリピン 2050年 1億4,620万人 1,400 1,600 120 140 ピーク 2004年 1億2,779万人 ベトナム 2050年 1億1,170万人 日本(国連) 2050年 1億0,170万人 800 1,000 1,200 中国 2050年 … 今回は東南アジアのシンガポール、インドネシア、タイなどASEANに加盟してるの10カ国の人口数をGoogleのPublic Dataを使って調べていきます。 Wikipediaではバングラディシュがランクインされていましたが、ASEANに加盟していないので今回はランキングから除いています。 https://databank.worldbank.org/data/ アジアの主要国の老年人口割合の推移 (第3グループ) 2 4 6 8 10 12 14 16 18 20 22 1990 2000 2010 2020 2030 2040 2050 (資料)United Nations, World Population Prospects: The 2004 Revision Population Database. %%EOF 高齢人口が約. ���w��� 国連が最新の世界人口予測を発表した。. 2010年から2050年までの40年間で人口は30億人増加するが、増加分はほぼ全てが新興国によるもの(先進国は40年で約0.5億人の増加にとどまる) asean諸国の将来の人口推移予測まとめ ・インドネシアの人口は2050年までに3億人を突破する ・フィリピンは出生率が高く、2050年には現在の約1.5倍に増加する ・タイや台湾は出生率が低く、人口減少が懸念されている ※2015年以降は中位予測値, 人口首位は中国・インドになり、人口は10億人以上と、他の国々を大きく引き離しています。3~5位のインドネシア、パキスタン、バングラデッシュは、2億人前後であり、今後も順調に人口が増加する予測です。6~7位のロシアと日本は人口が緩やかに減少し、両国ともフィリピンの人口が追い抜く可能性があります。多くのアジア各国は人口増加が続く予測ですが、順位が大きく変動することは無い見込みです。, 1980年代の24歳以下の人口比率は、日本やシンガポールを除き、大半の国々は55~65%でした。その後、各国の経済発展や政治状況などによって、大きく変化が生じています。, 若年層の比率は、政治安定度や経済情勢をより反映するといわれています。政治・経済状況により国外流出も発生します。各国とも数%以上の変動が大きい状況です。2050年頃の順位は、24歳以下と大きく変わりませんが、今後の情勢によって変化する可能性が高いと考えられます。, 都市人口は総じて増加しており、上昇が続く予測がされています。上昇度合いには国によって大きく違いが発生しています。都市人口の上昇によって産業構造の変化が想定されます。, ・国連人口部の推計人口統計(2017年) 2019年の世界の人口 国際比較統計・ランキングです。各国の総人口と国別順位を掲載しています。国連統計ベース。時系列データは1990-2019年まで収録。